骨格標本の作り方

博物館に飾ってあるような骨格標本。
死体さえ用意できれば、意外と家庭でも作ること可能です。

ここでは、個人で楽しむ用に骨格標本のいろんな作り方をご紹介。
私が今まで作ってきて感じたメリットデメリットもあるので、死体の種類や状態、制作環境に合わせて作り方変えてみて下さい。

骨格標本製作の流れ

まずは作り方の流れです。

  1. 測定
  2. 骨にする
  3. 脱脂
  4. 漂白
  5. 成形・組み立て
  6. 台の制作・取り付け

制作環境

小動物の場合机と椅子があれば問題ありません。
大型動物だと解剖室レベルでスペースが必要なので、最初はスズメやネズミといった小さいものからやってみることお勧めします。

因みに、こちらは猪の解体の様子。
大きいものはこうやって吊るせる環境があるとやりやすいです。

イノシシの解体

必要な道具

作る方法によって変わりますが、必需品と思われるものはこちら。

メス

肉を切れるものならなんでもいいです。私は最初カミソリでやってました。

手袋

死体には直接触らないでください。破れにくい、手のサイズにあったものがいいです。

ピンセット

主に除肉の時に使います。百均でも売ってますが、お勧めしません。先がギザギザしていて、肉がしっかり掴めるものがいいです。ホームセンターで500円くらいのでいいので買ってみましょう。
私が使ってるのは医療用のピンセット。長時間使っていても疲れにくいのでおすすめです。

アセトン

骨を脱脂する為に使います。
薬局で除光液として販売されていて入手は簡単です。
ただ、アセトンフリーの除光液もあるので、成分表みてアセトンが使用されてるものを選びましょう。

オキシドール

骨を脱脂・漂白するのに使います。
これも薬局で入手可能。
先の脱脂により十分白くなるので必要ない時もあります。

手順①測定

体重・性別・頭胴長・耳長・尾長を測定します。
完成後、標本ラベルに記録します。
インテリアとして楽しむだけだから別にいいよ!という方はスキップし下さい。

手順②骨にする

死体の状態から骨にするまでの工程。
いろんな方法があります。

  • ポリデント法
  • 野晒し法
  • 水に浸ける方法
  • 虫に食わす方法
  • 煮込む方法

それではそれぞれのやり方をご説明します。

ポリデント法

私が主に行ってる方法です。

【メリット】

  • 比較的痛ませずに綺麗にできる
  • 骨同士の繋がりなど観察しながら行うので組み立てる時参考にできる

【デメリット】

  • 時間と手間がとにかくかかる

【向いてる対象】

  • 小動物〜中型まで可能。新鮮で綺麗な状態の死体が手に入るのならこの方法がお勧め。

それでは具体的な方法について。
ポリデントとは言っているれど、つまりは「ピンセットで地道に肉を取る」方法です。

① 剥皮

作業服、手袋を着用し、メスとピンセットを用いて皮を剥ぎます。

② 除肉

メスとピンセットで肉や内臓を切り取っていきます。
内臓と、ある程度の筋肉が取れたら次の工程にい進みます。

③ ポリデントにつける

ポリデントに限らず、たんぱく質分解酵素が含まれているものであればなんでもかまいません。
入れ歯洗浄剤も様々な種類がありますが、とくに効力に違いはありません。

小動物だと1日くらい漬けて置きます。様子を見ながら待ちます。肉が半透明でプルプルになったら引きあげます。

マウスの骨格標本作製中

④ 徐肉

ポリデントに漬けて柔らかくなったら、さらに徐肉をします。
ピンセットでひたすら筋肉を取り除きます。
この時、骨と骨をつなぐ靭帯を残し、肉だけ取り除くと、骨がバラバラにならずに済みます。
肉を全部取り除いたら次は脱脂です。

マウスの骨格標本作製中

野ざらし法

これは文字通り、野ざらしにするだけの方法です。

【メリット】

【デメリット】

  • 自然の力に任せるので意図せぬことが起こる。(野生動物に持っていかれる、破損する等)

【向いてる対象】

大型動物の頭骨など。

山に入って、立派な角を持つ雄鹿の死体を発見!しかし、腐敗してるし、大きすぎて持ち運べそうにない。
といったシチュエーション。
特に説明することもないですが、強いていうなら草陰とかに隠す…でしょうか。

このように毛がついていて匂いも残っている場合は、もう少し放置したほうがいいです。

鹿の頭骨

こちらは完全に骨になって匂いもしなくなくなりました。こうなったら、次は漂白です。

鹿の頭骨

水に浸ける方法

【メリット】

  • 実際に手を動かす作業時間が少ない

【デメリット】

  • 汚い、臭い、危険

【向いてる対象】

大型動物。腐敗が激しい死体、干からびた死体。

私の場合ですが…
ウジがたかって、近づくのも嫌な死体や、メスが入らないくらいカチカチの死体なんかは、丸ごと水の中へ放り込んで放置します。
とにかく腐臭と虫が凄いので、周囲に家がなく、人がこない場所が必要です。
どんなに死体の状態が悪くても、皮つきのままでも、夏場で1か月ほどできれいな骨になるので、環境さえ用意できればいい方法。

死体の状態が悪くなくても大型動物にこの方法はいいと思います。
その場合の手順をを記します。

用意するもの

  • ナイフ
  • 大きいサイズの洗濯用ネット(複数個)
  • バケツ(複数個)

① 剝皮・内臓除去

作業着と手袋を着用しナイフを用いて剝皮・内臓を除去します。

② 分割

図の様に6分割、もしくはバケツやネットに入るサイズに切り分けます。分割したものはそれぞれ洗濯ネットにいれます。

分割図

④ 水に浸ける

バケツに水を張って浸けておきます。大きさにもよりますが夏場で1~3ヶ月程度。
浸け過ぎると骨まで分解されていくので注意。
なんとなくハエが集らなくなったら、引き上げ時な気がします。

⑤ 引き上げる

ネットを引き上げ、骨の様子をみます。きれいに骨になっていたら、水で洗い流してこの工程は終了。
水に浸けるだけで、十分脱脂され真っ白になることもありますが、まだ黄ばみが残るようでしたら漂白を行います。

虫に食わす方法

【メリット】

  • ポリデント法に比べ楽

【デメリット】

  • 虫が骨までかじることがある
  • 虫の管理が必要

【向いてる対象】

小動物。

先の「野ざらし法」や「水に浸ける方法」もある意味虫(や微生物)に分解させる方法ですが、こちらは室内でできる方法です。
使用する虫はミールワームやカツオブシムシ。ミールワームはペットショップに餌用として売られています。
成虫になってもハエのようにブンブン飛び回らない点、蛆よりいいです。
以下、骨にする方法です。途中まではポリデント方と同じです。

<用意するもの>

  • カツオブシムシorミールワーム
  • 昆虫用飼育ケース

① 剥皮

作業服、手袋を着用し、メスとピンセットを用いて皮を剥ぎます。

② 除肉

メスで肉や内臓を切り取っていきます。

③ 虫に食わす

ある程度手で徐肉できたら、死体と一緒に虫を飼育ケースへ入れます。1日おきぐらいに様子をみながら、肉を全部食い尽くしたタイミングで引き上げます。
バラバラになった小さな骨も丁寧に全部拾い集めます。
これで終わりです、次は脱脂の工程へ進みます。

煮込む方法

猟師のおっちゃんとかがよくやってる方法(偏見)

【メリット】

  • 腐らせないので臭くない、むしろいい香り

【デメリット】

  • 数時間、火から目が離せない

【向いてる対象】

中~大型動物

剝皮して、内臓とって、ひたすら煮込む!以上!
煮るとき重曹を入れると肉がとれやすくなりますが、鍋を傷めるのでアルミ製のものは避けます。

6時間くらい煮込むと、トンっとたたいただけで肉がとれるらしい。
写真は沸騰後約3時間煮込んだものです。十分骨になっています。

イノシシやシカの頭骨とかにいい方法です。

イノシシの頭骨製作

手順③脱脂

アセトンに浸け脱脂します。
使用上の注意を箇条書きします。

  • 引火性・揮発性がある為、火気を避け風通しの良い場所で作業してください。
  • 使用する容器は透明のガラス製のものが好ましいです。プラスチックは変形するため避けてください。
  • 匂いはありますが、無色透明なため、アセトンを入れた容器にはなんの液体かわかるように容器の蓋等にメモしておきます。
モ●モ屋の瓶を使用して骨の脱脂

アセトンに浸ける期間は小動物でだいたい1日以上。サイズが大きいと数日間浸けます。
長く浸けても問題ないありません。
また、アセトンは使いまわし不可です。一度使ったら廃棄します。

余談ですが、昔なんの液体が入ってるかわからず、直接嗅いだら鼻血でました。
アセトンでした。(最低限手で仰いで嗅げよなぁ、、、と呆れますね)
こんな阿呆で危険な事しないように…容器にはなんの液体が入ってるのか明記しとくとよいです…。

手順④脱脂・漂白

オキシドールに浸けます。先のアセトンに浸ける工程で脱脂ができていないと、オキシドールに油が浮いてしまうことがあります。
オキシドールは使いまわせるので、液を汚さない為にもアセトンでしっかり脱脂しておくと良いです。

浸ける期間は、スズメやマウスなどの小動物で1時間程度。最初は30分おきくらいに様子を見ながら浸けるといいかもしれません。
オキシドールは骨を溶かしてしまうので、浸け過ぎに注意です。

大型動物等、大量の液が必要な場合は排水溝クリーナー(パイプユニッシュ)でも代用できます。
バケツに水を入れ、パイプユニッシュを入れて、骨を浸ける。
写真はイノシシの頭骨をパイプユニッシュに浸けているところです。
量等は製品容器の説明を読んで調整してください。

イノシシの漂白

手順⑤成形・組み立て

オキシドールから上げた後は、流水で洗い流し、ある程度形を整え乾かします。
写真はヤモリの骨を乾かしている様子です。

ヤモリの骨格標本製作

骨が乾いたら組み立てていきます。マウスくらいのサイズだと瞬間接着剤だけで接着できます。
骨がバラバラになった場合は、一つ一つパズルをはめていく様に組み立てていきます。

組み立てる順番以下に記します。
まず骨がそれぞれどの順でどこにあるのか、並べていきます。

チョウゲンボウの骨格標本作製

次に椎孔に入る太さの針金で背骨の形を決め、椎骨をビーズのように通していきます。

チョウゲンボウの骨格標本作製

その後、胴体⇒手足、最後に頭の順で組み立てていきます。

チョウゲンボウの骨格標本作製

大型動物は、椎間円板(椎骨同士の間隔を保ち脊柱のカーブをつける上で重要な部分)をゴムやスポンジ等で代用する様ですが、最初はそこまでやらなくてもいいんじゃないかな。
詳しく知りたい方は「骨格標本作製法(*1」をご参照ください。

また、骨同士をつなげるのには「コイル留め」という方法があります。
接着剤は衝撃や劣化で取れてしまうことがありますが、コイル留めをすると取れません。丈夫な骨格標本が作れます。
以下コイル留めの方法です。

用意するもの

  • 真鍮線
  • 上の真鍮線よりも太い針金(巻きつける用)
  • ニッパー
  • ラジオペンチ
  • ピンバイス

① ピンバイスで骨に穴をあけます。真鍮線を通すため、この直径より大きい穴です。

コイル留めの方法

② 太い針金に真鍮線(イラストでは赤色)を巻き付けます。

コイル留めの方法

③ ラジオペンチできゅっとやって、針金を抜きます。

コイル留めの方法

④ 真鍮線に骨を通し、反対側も同じようにコイルを巻きます。

コイル留めの方法

このように、接着剤やコイル留めで骨同士を固定し全身の骨を組み立てます。

また話がそれますが、私は「絶対にこれをやってはいけない」という方法はなく、自分のやりやすい方法で作ればいいじゃない。と思っています。
が、唯一許せないのが「グルーガンで骨同士を接着」…です。ネットで調べたらでてきたので試しにやってみたのですが、強度0。少し力を入れると取れてしまいます。
なのでここではオススメしない方法としてご紹介します。
(小学生の自由研究用にはいいかもしれませんが…)
ちなみに、コイル留めとグルーガンを両方使うことはあります。

手順⑥台の制作・取り付け

ここでは一番簡単な方法のみご紹介します。

用意するもの

  • 飾り台
  • ペンキ
  • 接着剤
  • 刷毛
  1. 飾り台はホームセンターで購入可能です。ちょうどいい大きさの台を購入します。
  2. 台をペンキで好きな色に塗ります。
  3. ペンキが乾いたら、骨を台に接着剤で固定します。

ここにきて説明がさらに雑になりました。
正直、台の制作・骨の設置は工具が必要になってくるという点で難易度があがります。
ためしに「骨格標本作製法(*1」に記載されている、道具を一部あげてみましょう。

ダイス(凸ネジ切り器)とハンドル、ハンドルタップハンドル(凹ネジ切り器)とハンドタップの刃、ハサミ、メス、キリ(中略)ドリルとドリル刃、ヤスリ類、ポンチ、金槌、金鋸、万力

いかがでしょう。普通は持ってないです。ということで詳しい説明は省きます。
本格的に作りたいかたは「骨格標本作製法(*1」をご参照ください。

手順⑦標本ラベルの作成

ラベルを作り骨と一緒に保管します。
ラベル記載項目は以下の通りです。

和名、学名、採取地、採取年月日、標本作製期間、性別、体重、体長、その他ステップ①で測定した内容、標本製作者名

最後に

以上が骨格標本の作り方です。いかがでしたでしょうか?
文章で書くと難しそうに思えますが、意外と手軽にできます。

よく「どうやってつくるのか?」「家でできるのか?」といった趣旨のご質問を頂くので、今回ここにまとめさせていただきました。
(制作に関するご質問にはお答えできませんのでご了承ください💦)
さらに詳しく知りたい方は、後述する参考書籍をご参照ください。

参考書籍

  • *1)八谷昇・大泰司紀之,骨格標本作製法,北海道大学出版会,1994
  • 佐竹敦司,家庭で作る骨格標本,第4版,2010
  • 大阪市立自然史博物館,標本の作り方,東海大学出版部,2007

cocoro

このブログの筆者

cocoro

標本製作歴10年以上。
大学は農学部に所属し骨に関する論文を書いて卒業。
その後web系の会社に就職し、2020年「骨屋」を開業。
現在「亡くなったペットを骨格標本として残す」事を主な事業として活動しています。

関連記事